アリシアクリニック 医療脱毛 エステ脱毛

アリシアクリニックの脱毛はどんな脱毛なのか?

 

美容, 脱毛

アリシアクリニックの脱毛は医療脱毛になります。医療脱毛は現在、永久脱毛をなのることのできる脱毛です。

 

医療脱毛は医師免許所持者か看護師免許が必須になっています。

 

医療脱毛はニードルや特殊レーザーを用いた永久脱毛であり、毛根そのものの細胞を壊して発毛自体を起こさないようになっています。

 

医療脱毛のメリットは確実な効果が得られることであり、エステサロンなどよりも短期間での脱毛が可能です。

医療脱毛はこんな人におすすめ

 

医療脱毛は硬くて太い毛でもしっかりと脱毛ができます。

 

VIOなどの太く堅い毛が多い部分も医療用レーザーならばしっかりと脱毛が可能であり、一度レーザーを当てた部分からの発毛はまずありません。

 

首なうなじなどのエステサロンでは断られてしまう部分も医療脱毛ならば可能です。

 

男性などの太い毛が密集している人でも効果を感じることができます。

 

なぜ男性は医療脱毛に行く人が多いのか?

 

発毛にはホルモンが大きくかかわっています。

 

発毛を促す場合は女性ホルモンの投与などもありますが、男性ホルモンが多いと髭などが密集することも多く、数時間おきにシェーバーを使わなければいけない人もいます。

 

医療脱毛ならばレーザーで毛根からの脱毛が可能であり、埋没毛や化膿の心配もありません。

 

男性の場合は一般的な脱毛の場合ですと、再度発毛することも多く通う回数も日数も大幅に伸びてしまいます。

 

これは一つの毛穴から複数のむだ毛が生えていることが多く表面に出ているむだ毛の三倍が皮膚の下にあるといわれていることにもよります。

 

確実に髭などを減らしたい場合は医療レーザーや医療ニードルでの脱毛になります。また、男性はVIOの脱毛希望者も多いです。

 

これはIやOラインに排泄物の残りなどが付着することで悪臭や衛生面での問題が多く、パートナーや周囲の人のためにもI、Oの脱毛を医療脱毛で希望する人が多いといえます。

エステサロンでの脱毛と医療脱毛はどうちがうのか?

 

美容, 脱毛, クリニック

医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いはどこにあるのか?

 

これは使用するフラッシュの射出量に大きな差があります。エステサロンの脱毛は20ジュールいかに定められていますが医療機器の場合は60ジュールまで射出が可能です。

 

3倍以上の差があるので確実に毛根からの脱毛が可能になります。

 

このフラッシュの強さはそのまま脱毛までの日数の短縮にもなります。

 

回数が圧倒的に違う

 

脱毛完了までにかかる日数はクリニックのほうが圧倒的に短い期間で終ります。サロンでの脱毛完了の平均が12〜20回なのに比べて医療脱毛は5〜8回での脱毛完了が多いです。

 

早目に脱毛を終わらせたい人や予定が迫っている人なども初回の脱毛でも大きな効果を医療脱毛生えることができます。

 

万が一の際にも万全のサポートが取れる

 

医療脱毛のフラッシュもエステサロンの脱毛フラッシュも、肌の弱い人などは軽いやけど状態になることがあります。

 

医療脱毛の場合はその場での的確なケアはもちろんですが、帰宅後もしっかりとしたアフターフォローを受けることができます。

 

施術中の痛みや異変などもその場での対応が可能であり、医薬品などのケア用品も個人の状態に合わせて準備することができます。

 

適切な放射量を作ることができる

 

フラッシュの光は全員が一律で同じではありません。

 

肌の状態や肌質、毛の状態、皮膚が傷ついていないかなども大きなものになります。

 

医療脱毛の際はこの肌の状態を医療知識を持ったスタッフがしっかりと見極めてから、個人に合わせたフラッシュの強さを作ることができます。

 

これは60ジュールまでの変更ができる医療脱毛にしかできない行為になります。

 

疑問点に対する明確な回答を準備できる

 

脱毛に関する疑問などにも即答えることができる専門知識の多さと、なぜ細胞からフラッシュで破壊することができるのか。

 

医療脱毛はなぜエステとは別カテゴリーになるのかなど聞きたいこと言対するあいまいではなく明確な回答を準備してくれます。

 

美容外科や美容クリニックは一見すると一般のクリニックではないように見えてしまいますが、美容外科などは正確には「皮膚科」に入り、単純に傷を治すのか、傷をきれいに直すのか、のような差が出てくると考えてもいいでしょう。

 

スタッフも皮膚科の専門知識を持っている人ばかりなので現在の皮膚の状態で今後の状態の予想を出すことができる人ばかりです。

 

アリシアクリニックは病院なの?

 

アリシアクリニックもれっきとした医院になります。

 

スタッフはみな医師免許か看護師免許を持った人しかいません。

 

脱毛はもちろんですが、皮膚や美容に関する悩みなどを全般的にケアすることができます。

 

脱毛の際にも痛みに弱い人には笑気麻酔などを使用することができ、痛みをなくして脱毛をすることも可能です。

 

麻酔のほかにも鎮痛剤や化膿止めなどの処方も可能であり、皮膚が腫れやすい人などでも安心して通うことができます。

医療脱毛の大きな進化

 

医療脱毛というと高額な脱毛であり、痛みも強い、というが今までの認識でした。

 

最近では医療脱毛でも低価格帯の脱毛が増えてきており、それだけ多くの美容外科が脱毛をより入れ始めたということでもあります。

 

これはユーザーが医療脱毛の効果をしっかりと理解しているからの支持率と言ってもいいでしょう。

 

価格帯の変化

 

医療脱毛は、少し前までは高額というイメージがありました。

 

これは医療脱毛を行っている美容外科が少なかったことにもあります。

 

現在は多くの美容外科が脱毛を行っており、サロンでの脱毛と金額の差はだいぶ無くなってきたともいえます。

 

ですが、医療脱毛は高額というイメージはなかなかぬぐえません。

 

これはちょっとした数字のトリックになりますが、月額制の医療脱毛とサロンでの脱毛があります。全身脱毛の月額制を医療脱毛は月額「12000円」サロン脱毛は月額「9000円」とします。こうするとサロン脱毛のほうが安いように見えます。

 

では実際の期間はどれくらいになるのか?になります。

 

医療脱毛での全身脱毛は10回ほどが平均になります。もっと少ない場合も多くありますが、10回として「12000円×10回=120,000円」の計算になります。

 

サロン脱毛は平均して25~45回ほどが全身脱毛の完了期間になります。「9000円×25回=225,000円」が25回での金額になります。

 

完了までの回数から見ても医療脱毛のほうが実際には安く済んでしまうのです。こうしてみると数字のトリックがわかりやすいかと思います。

 

実際の期間の短さ

 

医療脱毛は上記のように回数がサロン脱毛の3分の1程度になります。これはフラッシュの違いや、最も適した脱毛方法を選択しているかどうかもあります。

 

医療脱毛が痛いというイメージの一端にもなったニードル脱毛などを使用することでより確実な脱毛が可能になります。

 

VIOなどでも医療脱毛の場合は短期間での完全脱毛が可能です。

 

デザイン性を重視することもできる

 

Vラインなどの脱毛の際にはどのような形にアンダーヘアを作るのかを決めてからの脱毛が可能です。

 

Vラインの脱毛を希望する人の多くが毛量の多さを気にしており、ニ−ドルなどを併用した間引き脱毛でアンダーヘアの毛量自体を減らしたデザインにすることも可能です。

 

自然な毛量に減らすことで下着などとの蒸れを緩和させ、衛生面も大きく向上します。

 

男性の脱毛もしっかりとできる

 

男性で脱毛を希望する人の多くが医療脱毛を選択します。これはサロンなどのフラッシュでは太く堅い毛などには作用しにくいという面があります。

 

女性でも色素の薄い毛や硬すぎるむだ毛などはサロンでの脱毛では時間が長引くことが殆どです。

 

VIOなどをしっかりと脱毛したい人や男性が医療脱毛を選ぶのは、短期間での効果の高さでもあり、サロンとは全く別物のフラッシュを使用しているからになります。

 

ニードル脱毛などを併用することで男性のむだ毛処理でも無精髭やVラインの毛量を減らすことができます。

 

Vラインは女性でも完全無毛は嫌だという人が殆どであり、毛量を減らすために間引き脱毛なども医療脱毛は可能です。

医療脱毛は特にVIOがすごい

 

美容, 脱毛

サロン脱毛から医療脱毛に来た人の多くがサロンでの脱毛に不満を持っています。

 

これは特にVIO、ことさらIラインOラインの脱毛がしっかりとできていない当面が大きく出ていることや、フラッシュ漏れなどが多い場所であることも関連してきます。

 

Iライン、Oラインは女性は生理中の衛生面に大きな影響をだします。I、Oの脱毛を一回するだけでも不快感などが大幅に軽減する人が殆どです。

 

男性のI,Oラインの脱毛は衛生面もですが体臭などの軽減にもつながります。

 

I、Oともに性器に近い部分でもあり排泄物などの残骸が付着している状態に汗などがむだ毛に絡まり、体臭や悪臭を増加させてしまいます。

 

Oラインの脱毛をしっかりとおこなうことで悪臭なども大幅に軽減し、排便、排尿後の臭いなども変化が出てきます。

 

男性のIラインは性器にも近いこともあり、脱毛をしておくことで衛生面の大幅な改善が望めます。

現在の医療脱毛とは?

 

美容, 脱毛, クリニック

一昔前の医療脱毛は「痛い」「高額」の二つのイメージが非常に強いものでした。

 

これは脱毛自体がまだ一般的ではなく、医療脱毛も行っているクリニックが少なったこともあります。

 

現在、美容外科クリニックでも脱毛は人気のメニューであり、前述のように低価格で確実な効果を出すことができます。

 

痛みも改善され、無痛ではありませんが一時のニードル脱毛の激痛などもなくなりました。

 

痛みはエステサロンのフラッシュでも全くないわけではなく、医療脱毛が痛いというイメージはフラッシュに対して電気針を使ったニードル脱毛が主流だったことにも関連してきます。

 

ニードル脱毛は毛穴ごとに脱毛処理をしていくので確実な脱毛ができる手段です。現在でも医療脱毛の中にはニードル脱毛がありますし、人気が高いです。

 

痛みがあるのに人気がある?と感じる人もいるかもしれません。

 

現在のニードルは痛みも格段に減り、髭やピンポイントで脱毛がしたい部分、VIOなどの脱毛にニードルを希望する人も多くいます。

 

デメリットの部分を強調され、医療脱毛のメリットはあまり注目されませんでした。

 

医療脱毛のメリットはユーザーの口コミからのものが多く、それを受けて脱毛を導入するクリニックも増えてきました。

 

価格の面でも医療脱毛はだいぶ安価になっています。

 

エステサロンのような激安ではありませんが、社会人アルバイトをしている学生ならば無理なく払える価格であり、強引な勧誘などもありません。

 

1回あたりの価格と脱毛に来る回数や期間を考えれば医療脱毛のほうが安いこともあります。

 

エステサロンは数年かかる脱毛が主体ですが、医療脱毛は全身でも6〜12回であることがほとんどです。

 

エステサロンのように、念のためにあと5回などもなく、脱毛を行った箇所からの発毛はありません。

 

エステサロンよりもフラッシュの強さがあり、しっかりと一回での脱毛が可能だからです。

忙しい人ほど医療脱毛がいい

 

医療脱毛はエステの脱毛よりも短期間で終わらせることができます。

 

希望の箇所だけを集中してやるにも、全身脱毛でも同じ期間で完了できます。

 

忙しい人ほど医療脱毛を選択するのはより確実な脱毛ができることと、何かあったときにはすぐにその場でケアが受けられること、スタッフの専門知識の確かさなどがあります。

 

医療脱毛の代表的なイメージであるニードルも、個人に合わせたものでありB型肝炎などの感染がないように買い取り式になります。使いまわしなどがありません。

 

レーザーの脱毛もシミやそばかすの治療に使われるものを使用することで脇やデリケートゾーンの黒ずみを元の肌の色に、あくまで自然に変えていくこともできます。

 

安全面、衛生面はもちろんですが健康面まで考慮してくれるのが医療脱毛になります。

 

アリシアクリニックはターミナル駅を中心とした医院展開なので仕事帰りなどにも気軽に立ち寄れるようになっており、診療時間も20時まで、レーザーなどの放射時間は22時過ぎまでなども可能であり、エステサロンよりも遅い時間の通院も可能です。

 

忙しい人ほど医療脱毛で確実な脱毛、忙しい人に合わせたプラン展開、時間展開。

 

アリシアクリニックは時間がないからと脱毛をあきらめていた人からの強い支持と口コミが非常に高いクリニックです。

 

確実な脱毛を希望する人ならば医療脱毛がおすすめと言ってもいいでしょう。